税金関係

現在位置: トップ  > 税金関係  > 給与所得者で税金を払い過ぎているパターンB

お気に入りに登録  google+

給与所得者で、税金を払い過ぎているパターン(社会保険料控除B)

税金を納め過ぎのままで気が付いていない人、意外と多そうな気がしたので記事にしてみました。

給与所得のある方、確認してみて下さい。

確定申告を行えば、払い過ぎている税金を戻してもらえます。



後期高齢者医療保険料を納付している人

1月〜12月迄の間に、後期高齢者医療保険料を支払っていて、その額を年末調整時に所得控除の計算に入れていれば問題ありません。

1年間に自分が支払った金額を、年末時点で正確に把握している人は少ないのでは??

横浜市では、それが分かる下記書類(後期高齢者医療保険料年間納付済額のお知らせ)が郵送されてくるのが、何故か年明け。

 ※自治体によっては年内に届いている場所もある様です。

しかも、この書類には、「事務処理に日数を要する場合があるため、12月末日近くに納付された保険料については、金額に含まれていないことがあります。予めご了承下さい。」と..。

年明けに届いているにも関わらず、年末に納付した人は集計漏れしている可能性があるので、結局1年分を自分で合計してみるか、改めて後日役所で確認するしかないという中途半端な書類で困ったものです。

税金を余分に納めている人に対しては、基本的に何も連絡は来ません。

国税も地方税も、余分に取られっぱなし…。

何とも納得がいきませんね。

年末調整の時に、この支払額を含めていない方で、支払った税金がある方は、確定申告をすると戻ってくる上に、その後にかかる住民税も安くなるなど、色々得する事があります。

還付の申告だけならば、3月15日の確定申告期限を過ぎても可能です。

詳しい事は、管轄の税務署か、お近くの税理士さんへ相談してみて下さい。


 ※この記事は書きかけです


google+ お気に入りに登録