修繕・交換

現在位置: トップ  > 修繕・交換  > LED調光ユニットの製作@(抵抗使用バージョン)

お気に入りに登録  google+

LED調光ユニットの製作@(抵抗使用バージョン)

電子工作の知識がありま無い筆者が、出来れば良いじゃん!と作成した、
当サイト内で紹介しているLEDライト用の調光器です。(^ ^;

節電と停電対策なので、使用するLEDの定格よりかなり少ない電流を流す様に作ってあります。

知識のある方が見たら、「抵抗使ってるんじゃ、熱エネルギーに変わるから節電にならないよ!」というお声が聞こえてきそう..、作りたいのですが知識が無いもので、簡単に..(^ ^;

< 回 路 図 >

回路図と言っても、これだけです。(^ ^;

あえて説明する程のものではないと思いますが..。

22Ωの抵抗を2個直列にし、1つの抵抗にはスイッチを並列に接続して、ON−OFF する事で、明るさを2段階に調整しています。(回路の抵抗を22Ωにするか44Ωにしているだけです)

この調光器は、次のページの作品に使用していました。(います?)



写真左下の黒い部品が、12VのDCコネクターを差し込むジャックで、その上の青い部品にLEDライトへの電線を接続します。

2つ見える白い部品が22Ωの抵抗で、真ん中のスイッチにより22Ωと44Ωの切替をして明るさ調整をしています。

上の写真を横から見たところです。

作りは非常に単純です。(^^;

こちらは「門灯の節電対策〜自作LED照明〜」で紹介したライト付きの物です。

上記の部品とほぼ同じ組み合わせの物をLEDと同じ基板上に押し込んで作りました。
基板から線が出ている部品はDCジャックで、大昔にエレキットで使っていた物の使い回しです。(^^;

2012.02.01


google+ お気に入りに登録

関連記事

近日中に、関連のある内容として、下記内容を公開予定です。

ページの作成が出来次第公開します。

お楽しみに!(^-^)

 ・LEDスポットライト

 ・LED食卓用ライト