地震・停電・備え

現在位置: トップ  > 地震・停電・備え  > 地震対策アイディア(吊り戸棚の扉)

お気に入りに登録  google+

地震対策アイディア(吊り戸棚の扉)

地震の時、吊り戸棚の扉が開いて物が落下しない様にする対策を考えてみました。

地震対策グッズは色々ありますが、思いの他高価な商品が多いですよね。

扉用も何種類か出ていますが、高価なだけでなく、ビス止めしないといけないものが殆ど。

開け閉めに少しだけ手間がかかっても、安価な方が良い!という方は、是非試してみて下さい。



粘着式フック

今回使用したものは、こちら。

粘着テープで固定するフックです。

粘着テープ式の物の中で、なるべく耐荷重の大きい物を選びました。ちなみにこの商品は2Kg。

たこ糸

もう一つ用意する物は、たこ糸。

太さが何種類かあるので、使いやすそうな太さを選ぶと良いでしょう。

細いと切れやすいので、一番太い物を選びました。

フックは、1ヶ所の固定に、2つ使用します。

向きは、この様なイメージです。

何をしようとしているか、想像付きましたか?(笑)

吊り戸棚にこの様に取り付けます。

下にスペースが無い場合は、無理です。m(_ _)m

たこ糸は、程よい長さを測って、両側に輪を作ります。

ちなみに私は、最後に引っ掛ける側の輪を大きめにしてみました。

好みで調整して下さい。

小さい輪の方を、最初にフックに引っ掛けます。

2つのフックの間を、グルグル巻きます。

昔、事務用の封筒や箱によくありましたよね!

8の字巻しても良いと思います。

※グルグル巻く長さにしないと、強度的に弱いです。

巻き終えたら、最後の輪をフックに引っ掛けます。

ちょうど引っかかる長さになる様な場所に輪を作らないといけない点がポイントです!

少々面倒くさいです。(^^;

引っ掛けたら、たこ糸をまとめて持って、モゾモゾっと引っ張って完成!

手で扉を引っ張ってみましたが、手の部分が壊れるんじゃない?と思う程引っ張ってもビクともしませんでした。

紹介した方法は、実際に地震が来て大丈夫かどうかの検証はしていません。

フックの固定状況が悪ければ、外れて扉が開いてしまいますので、心配な方は市販のネジ止め式の地震対策グッズを購入して下さい。


google+ お気に入りに登録

追記:他の場所にも取り付けてみました

引っ張ると取れる粘着テープで貼り付けましたが、扉が開きません。